海外電話機の設置

新しく事務所を借りたり、新居兼SOHOオフィスを設立した時など、電話回線をひいてから海外電話機の設置を考えるというケースをご紹介したいと思います。

電話回線は、今は光回線が主流で、なおかつインターネット接続や、光電話なども同時に考えないといけません。

光回線だと、NTTフレッツ光、それからauひかりもあります。また、ケーブル回線も地方を中心に根強い人気があり、全国でシェアを広げているのが、Jcom(ジェイコム)です。

ジェイコムといえば、なんか聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、ジェイコム株大量誤発注事件で有名になったので、思い出す人もいるでしょう。

現在は、携帯電話を持っている人がほとんどだと思いますので、携帯電話のプロバイダーとの兼ね合いもあるかと思います。携帯が例えばauだったら、au光の方が、トータルで安く済むと思います。

海外電話機は、ISDN回線で使うことはできないことがほとんどです。それから、他にも使用環境によっては海外電話機の設置ができない場合もありますので、万が一設置した後使えなくても、返品か交換ができるかどうかも確認しておいたほうがいいでしょう。

設置自体は、回線の入り口にコードを差し込むだけなので、簡単です。

09201415_523bda00f08f0